保険相談で保険見直し

収入減対策の保険相談方法とは?おすすめ安い保険の比較

納得できる安い保険料金と契約内容に注目!

納得できる安い保険の選び【損しない保険安い・見直し相談見積】で保険見直し、選べる生命保険や医療保険・損害保険!料金と内容も納得・安心!

インターネットからの安い保険見積と安い契約申込

希望の安い保険を見つけたい!毎月の生命保険料が予想を超えた増え方をしている!医療保険を見直したいが持病があるので不安!介護に備えた介護保険も必要!すべて満たす保険料の支払いは無理、だれもが悩む保険の問題、最善の解決策を見つけたいですね!納得のいく安い保険内容と料金での契約の見直し♪安い個人年金保険で安心して老後に備えましょう!

ファイナンシャル・プラナーに来てもらうなら・・・保険のビュッフェ

おススメ★★★★★
複数保険選びに精通したFPだけが保険相談する人気の保険選び!

ファイナンシャル・プラナーが全国ドコにでもご指定時間に参ります。
保険選びは実際の提案事例を見ないと分りません!

buffet

保険相談・見直しは・・・店舗に行くか?来社・在宅で遠慮なく呼ぶのか?

行くか?好きな時間に呼ぶか?どっち?

保険の店舗に予約して出かけるなら・・・money mo

おススメ★★★★★
誰もが良くわかる人気の保険選びサイト!

保険の窓口・保険見直し本舗・保険クリニック・保険ホットライン・保険百花・保険テラスなど
保険選び保険に強いショップお探しなら最適でしょう!。!

保険見直し本舗は生命保険見直しに最適!

おススメ★★★★★
\0 保険見直し本舗はすべてのサービスが無料

保険見直し本舗保険見直し本舗
生命保険選び保険に強いショップお探しなら最適でしょう!誰もが良くわかる人気の保険選び!

保険本舗

保険本舗なら安心でお値打ちプランを、

それぞれにライフプランをサポートします。

全国206店舗は全部直営だから無理な勧誘は一切ありません!

契約の見直しだけでなく、契約後までしっかりサポートします

 

保険の専門家FPの無料保険相談に毎月多数の世帯が利用中です!

おススメ安心★★★★★
無料相談は一定の年数を超えた経験者FPだから質の高い提案のみ!生命保険会社の営業マンと違うので複数会社の保険取り扱いが可能だから有利!

保険見直し相談比較

マンガで解説♪生命保険・医療保険・学資保険・女性の保険etc あなたに必要なピッタリの保険が知りたい!複数社の保険を一括資料請求も! 複数社の保険の比較だから納得の検討・保険相談も無料で安心!

安心感にこだわった保険選びのサイトです。 保険の専門家(ファイナンシャル・プラナー)が複数社から最適な保険を選んで提案できます!そもそも本当に保険が必要なの?パンフレット見てもイマイチ判りにくい?今はいている保険契約も良くわからない?自分にあった保険契約を目指しましょう!♪

 

保険見直し保険おすすめランキング比較はネット保険取り扱い多数!

Aflac アメリカンホーム メットライフアリコ チューリッヒ生命  東京海上日動あんしん生命

オリックス生命 ライフネット生命 DIY生命 ネクスティア生命 NKSJひまわり生命

【女性限定】NKSJひまわり生命 

【海外旅行保険】三井住友海上 ネクスティア生命 NKSJひまわり生命

【ゴルフ保険】三井住友海上 

【自転車保険】三井住友海上 【バイク保険】三井住友海上 【自転車保険】三井住友海上

【歯の保険】エース保険

保険おすすめランキング比較は、人気有名保険会社のすべてが比較できるのでネット申込み増えてます!

保険相談!必要な保険選び方は専門家が無料で解決

保険比較

クチコミで広まった保険比較の無料保険相談

わかりやすいイラストや図表で解説していますよ!保険料を3〜4割安くする方法!保険比較は読売ウィークリーで複雑な保険うまく解説しているとビジュアル性を評価・解説されました!無料相談は全国のプロFPが実施だから安心です。

なんと体験者の満足度96%以上

保険相談!無料で得する保険の選び方

保険おすすめ人気

保険おすすめ人気

全国のファイナンシャルプランナーに無料で生命保険見直しが相談できます。お気軽に生命保険ドットコムへご相談をして下さい!

生命保険見直し相談

保険の保険相談の方法とは!必要な保険契約の選び方!

【保険おすすめ人気ランキング比較】の無料相談が利用できます♪!

【保険おすすめ人気ランキング比較】保険のコンシェルジュにご相談ください!ファイナンシャルプランナーの無料相談実施中!!

保険のプロであるファイナンシャルプランナーが、保険内容を『無料』でチェック!!

知識と経験が豊富なプロによる保険の見直し・相談が出来ますよ!全国の保険おすすめ人気ランキング比較情報をフル活用して下さい!

全国の保険おすすめ人気ランキング比較の情報・・たとえば東京なら多数

必要な保険選び方は無料で解決

保険おすすめ

保険料が半額に!?相談料0円!保険が良くわからないあなたにもっと安い無駄なコストを削減した保険料にします。

大学卒業までの教育費は2800万円!従来型の保険では無駄が大きいので損します!

本当に必要な保険がわかる保険選び方や保険相談は、無料で解決できる保険見直し専門家を選べる方法を知ることが大切ですよ!

生命保険や医療保険・損害保険の無駄を省いた保険料金の見直し情報

生命保険・傷害保険・医療保険・自動車保険・がん保険・学資保険など

料金に納得できる保険契約!ネット保険の見積と申込を検討したい!

今入っている保険やこれからの生活設計に合わせて、必要な保障を増やし、必要のない保険を減額する必要があります。

年々増加する保険の種類をすべてカバーすることは不可能なことです。

実際に保険補償が発生した時に、本当にない困る保険をセレクトして、補償を厚くしたい。

逆に、発生する確率もかなり低く、いざという時には、別の手段等を利用することにより、何とか切り抜けれる見込みのあるものは、思い切って切り捨てることも必要でしょう。

限られた資金を、最も有効に活用する必要があります。

生命保険医療保険個人年金保険の無駄を省いた保険料金の見直しでお値打ち保険に加入出来る情報

生命保険・傷害保険・医療保険・自動車保険・がん保険・学資保険など

料金に納得できる保険契約!

ネット保険の見積と申込を検討したい!

今入っている保険やこれからの生活設計に合わせて、必要な保障を増やし、必要のない保険を減額する必要があります。

年々増加する保険の種類をすべてカバーすることは不可能なことです。

実際に保険補償が発生した時に、本当にない困る保険をセレクトして、補償を厚くしたい。

逆に、発生する確率もかなり低く、いざという時には、別の手段等を利用することにより、何とか切り抜けれる見込みのあるものは、思い切って切り捨てることも必要でしょう。

限られた資金を、最も有効に活用する必要があります。

生命保険の加入と比較情報

生命保険料は、年齢や性別で保険料金を明確に試算シュミレーションできます。

口コミランキングで定番の生命保険とは?

非喫煙者に有利な利用金体系や顧客満足度が高かった生命保険の紹介など。

生命保険の比較・選び方から生命保険控除、お得な団体信用生命保険まで生命保険の資料請求や申し込みまで一気にわかります。

生命保険の種類と必要性について

もしものことがあった場合、私達の生活を支えてくれるのが保険です。

例えば自分が家族を養っているとします。

しかし、突然大きな病気にかかったり、思わぬ事故に巻き込まれてしまうこともないとは言えないのです。

そのような事になってしまうと、心配なのが残された家族です。

大切な家族の生活を守るためにも必要となってくるのが生命保険なのです。

今は元気だから大丈夫と思っていても、先のことは誰にもわからないので、いざという時の為に生命保険に加入しておくと安心です。

生命保険は大きく3つに分けることができますが、多く利用されているのが定期保険と終身保険です。

定期保険の特徴としては、期間が定められており、この期間内に保険に加入している人が死亡した場合、受取人に指定されている人に死亡保険金が支払われるという保険です。

毎月支払っている金額は掛け捨てとなり、解約したり満期になっても戻り金がない保険です。

ライフプランに合わせて金額が設定できますが、比較的保険料は安くなります。

終身保険は、名前の通り一生死亡保障の期間となっている保険です。

定期保険は期間が定められており、その期間内の保障となりますが、終身保険は死亡時が保険の終了日となります。

そのため掛け捨てではなく、毎月支払う保険料は積立となるので、途中で解約しない限り支払ってもらえます。

また支払いが困難になったなどの理由から途中解約した場合でも、全額ではありませんが戻り金があります。

終身保険は積立式になっているので貯金として利用している人も多いのです。

しかし定期保険より保険料は高額になります。

このように生命保険は、自分のライフプランによって保険の種類や金額を決めることができ、いざという時にとても助けになります。

我が家でも定期保険と終身穂保険をしっかりとかけているので、もし何かあった場合でも安心です。

医療保険

医療保険は終身保険で払込み済みなら安心!

保険比較サイトでの人気ランキング保険完全網羅、保険料が上がらない選び方。

入院・通院・生命の保障の見直しラクラク!

お子様からご年配まで先進医療保障で一生涯保障!

医療保険加入のヒント

この十年程の間に躍進的に成長したのは、医療保険ではないでしょうか。まさしく現代の保険業界において主力商品と言えるでしょう。

しかしながら、すでに契約件数が多く、新たな契約は頭打ち状態になっているのも現実と言えます。

この保険により、外資系保険会社が日本国内で大きく成長したことは、今まで鎖国状態だった日本の保険業界には大きな打撃だったことは否めません。。

また、国内の保険会社も今後は、日本国内ではなく海外での販売を本格的にすすめているようです。まだ、国によっては生命保険などが普及していない国も多くあります。

そんな外国で、日本のきめ細やかなサービス、心遣いで人々の心をつかむという戦略なのかもしれません。

しかし、ここでは、国内の医療事情をみてみましょう。まず、医療保険を知る前に、日本の医療の実態を知らなければいけません。

我が国の病院は、8565軒 病床、1578254床 診療所、100152軒 病床、125599床

歯科診療所は、 68474軒 薬局、55797軒 (H24.10.1時点、薬局のみH26.3月末時点)

医師、303268人 歯科医師、102551人 看護婦、1067760人 薬剤師、280052人 保健師、57112人 助産師、35185人(H24.12.31時点)

また、医療費国民負担は、基本として、6歳まで(就学前まで)2割負担、就学後~70歳まで、3割負担、70歳以上~75歳未満、2割負担、75歳以上、1割負担

しかし、70歳以上であっても、収入が現役並みの経済力の方は3割負担。この負担額は、自治体によりかなり異なっており、自治体によっては

15歳まで(中学生まで)無料という東京23区もありますし、小学生まで無料の自治体もあり、その自治体の財政状況や力を入れている物事により、異なっています。

中には、子どもの医療費などの負担割合で引越し先を決めるなんて言う方も多くいます。また他にも、入院などの場合にも、高額医療費制度があります。

月々一定の額を医療費が超えると超えた分を払い戻してくれる仕組みです。また、先に手続きをしておけば窓口で一定の負担額以上は支払わなくてもいいのです。

この一定の負担額も、その人その人の収入額などによって異なります。非常にありがたい優れた制度です。

しかし、我が国は長寿大国、医療費の負担が国を圧迫していることは、分かるはずです。

今後、どの程度、医療費制度が崩れることなく、維持できるかが、私たち個人の医療保険に関係してきます。

仮に、このまま日本の医療費制度が変わることなく遂行すれば、少し自分で医療保険をかけておくだけで問題ないでしょう。

しかし、医療制度が崩れ負担額が増えていくと、どうでしょう。そう考えると、やはり加入する必要性がおのずと見えてくると思います。

また、入院の際に個室を希望したり、ベットの差額分(ベットというよりお部屋の人数などを言うようです)など保険がきかないものもあります。

それも、毎日費用がかかるものです。そうなると、やはり備えておく方が賢明だと思います。

じゃあ、医療保険の何を見て選べばいいのでしょうか。

平均入院日数、約32日、一日にかかる費用平均、13618円。

このうち、治療などの医療費は、5120円、食事代1日3食、1080円、ベッド差額代、5918円、家族の交通費、1500円というわけです。

個室や少ない人数の部屋を希望する場合は、やはり少し多めに医療保険の金額を考えておく方が良いかもしれません。

しかし、ベッド差額代は、本来希望者や同意した人しか請求できません。なので、それほど気にならないようであれば、差額代は大丈夫だと思います。断言は出来ませんが。

また、入院平均日数も32日となっています。最近の傾向として、医療の進歩によって入院日数が短くなっているように思います。

ですので、入院一日目から保険金がもらえるほうがおすすめです。

また、最近の手術に関しても飛躍的に進歩しており、日帰り手術などがあります。そういうケースも考えて、保険の手術対象内容も確認してみるのも、ポイントかもしれません。

ですので、入院が短ければ、通院して経過を見ることもあるでしょう。その分、通院手当がついている方が交通費がまかなえます。

手術も開腹手術ではなく、カテーテルなどによる治療があり、短期間の入院や治療が以前より多くなっていることも、気にかけておくとよいでしょう。

もちろん、長期入院もないとは言えません。両方に備えて保険は検討してください。

また、皆さん、平均してどのくらいの保険をかけているのでしょうか。気になりますよね。

医療保険を個人で契約している人は、男性が、81.4%、女性が、83.9%。一日当たりの保険金額は、男性が、10881円、女性は、9000円。

治療費は、男性も女性も関係なく同じだけかかるのですが、男性の方が少し多いようです。でも、やはり、多くの方が、健康には関心があり、医療費についても

気にかけていることが数字に出ています。日本人の性格が、ここにも顕著に表れています。

平均してみると、10000円位の医療保険がかけられています。あとは、それぞれの保険会社の特徴がある特約、安さ、更新時のサービスなどを合わせて検討すると

自分に合う保険が見つかるでしょう。ネットで保険料を算出し比較してもよし、保険を沢山扱っているプロにアドバイスをもらうもよし、更新がチャンスですよ。

損害保険

損害保険の比較見直し、事故対応もよい満足度高い損保!

契約もネットでOK!

 

激安保険

激安保険を求めるなら、インターネットで契約までできる保険商品が一番価格的にお勧めです。販売諸経費を削減できるネット保険が保険料金と保障内容を充実できる可能性があります。

格安保険

保険料金はここが安い!一番だって思える保険がおススメ!不思議なほどに料金が低い保険って?もちろん見積もりとって補償内容もばっちり!もっと評価されるべき保険を全公開!

1.保険を安くした保険料金が安いインターネットの見積もりとかんたん申込

2.料金安いネット保険は得!激安見積と申込

3.保険安い料で大きな満足

4.生保保険が安い

5.インターネットで申し込めばさらに安くなります

本当に安く補償内容が充実している保険

本当必要な保険を確保できる!いる保険と要らない不要な保険を選別して、いい保険・役に立つ必要な保険に見直しましょう!

 

 

いざという時に困らないようにしておく必要がある!

保険料は、年齢とともに増加するので、一歳でも若いうちにかけた方が得なら、今のうちにかけたい!

数ある保険の中から最適な保険を見つけだせる保険の比較

自分の収入に合わせた保険を見つけましょう!

年齢や性別 職業によっても保険料が変わることもあります。

医療保険や生命保険、女性保険 学資保険 がん保険 年金保険 シニア保険など

突然襲うガンの恐怖!検診で一番気になる要精密検査、がんの疑いを指摘されたとき、神頼みで誤診であってほしいと願いたいものです。でも頭によぎるのが保険の問題。がん保険に入っていなかった時の落胆度は、がなりの深いダメージになります。必要な治療が受けられないかもしれない?そんな思いを避けることこそ健康への第一歩でしょう!

見積や資料の無料請求ができます!

保険は目的に応じた保険が必要です。

保険の見直し相談をしたい!と思ったとき誰に相談しますか?その契約は?

義理人情がらみ生保レディーのプレゼントのために?
損保代理店を生命保険の代理店と勘違いして、詳しくない営業マンに相談する?
無審査で加入できるかんぽ生命のうたい文句につられて?
外資系保険の営業マンのセールストークを高度な知識と勘違いして契約?
銀行のお客様相談窓口なら安心?だと思い言われるままに契約?

保険についていろいろ教えてくれそうな所が多すぎて、みんなバラ色に見える点が問題なのです。

自社の保険しか知らない
取扱い保険を勧めたい
マージンのみ頭にある
本当の知識が素人並
口先と努力で押してくる

失敗しない保険選びをするコツは!
本当に必要な保険を教えてくれる保険を知り尽くしたプロに相談する以外ありません!

 

日常生活で役立つ保険の重要性とは

私たちの生活は常に危険と隣り合わせとも考えることができ、いつ大けがをしてしまったり、大病を患ったりするか分からない為に、医療保険などには加入しておいた方が安心できるものだと思います。

また最近では先進医療が健康保険の適用外になっていることも多い為に、個人で加入しておくと入院費用や手術費用の負担を軽減できますので、こうしたサービスを積極的に取り入れておくことがお勧めになってきます。

実際に入院することになってしまいますと、仕事に復帰するまでに収入が途絶えてしまいますので、万が一の事態に備えて準備しておくことが大切です。

現代ではネット通販型の格安のプランも多数提供されてきておりますので、興味があるという方は是非ご活用されてみてはいかがでしょうか。

 

保険加入を真剣に考えてみる

20代半ば、独身の身としては保険よりも貯金かなと漠然と思っていたのですが、最近周りから入っていた方が良いと言われることも増えてきているので、少し考えてみようと思います。
友人によれば、奥さんが出産のとき大変で高額の医療費がかかったけれど、保険でかなりカバーできたとの事。もしそれがなかったら大変になっていたよ。と実感がこもった口調で熱弁され、確かにそうかもしれないと思いました。
また、よくお勧めされるのが女性特有の保険。これもやっぱり医療費が割にかかり、入っていたのといないのでは大違いよと言われました。
こうお勧めされる中で、なぜ今まで入らなかったのかと考えると、入社直後の頃が思い出されます。入社後、機会があって所謂保険レディーの方とお話しした時の事です。社会人になりたての新人に、ベテランの保険レディーの方が執拗に保険の重要性を訴えてこられたんです。
確かにそうだけど…とあまりの迫力に圧倒されてしまいました。更に、今入ればこんな特典も!と熱心に言われれば言われる程、なんだか怖くなってきてしまって。
そこで、今回私が考えているのがネット保険の活用です。先日もテレビCMがやっていましたが、本当にすぐ申し込めるようですし、なにより夕方から夜にかけてもコールセンターがやっている様なのはいいですよね。
押し売りされるのは嫌だけど、聞きたい事だけ教えてほしいっていうわがままにぴったりです。
ネットで色々吟味しながら、真剣に考えてみたいと思います。

死亡により支払われる保険は生命保険
  • 生命保険
  • 定期保険
  • 日本の生命保険事業の始まりは、あの有名な福沢諭吉なんです。 「西洋旅案内」でヨーロッパの近代的保険制度を紹介したことが、きっかけと言われています。 明治14年(1881年)に、我が国、初の明治生命(現在の明治安田生命)が、阿部泰蔵によって設立されました。 こんな保険会社のきっかけを作った、福沢諭吉は、なかなかユーモラスな人だったようです。 慶應義塾大学の創設者であり、一万円で有名人でもあります。 伝染病の研究や翻訳家という色々な顔を持っていました 。もちろん成果もあげているようです。 また、「学問のすすめ」でも有名です。 その中で有名なのは「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」でしょうか。 病院の体系も海外の良いところを取り入れたり、日本銀行の設立にも貢献したようです。 他には、カレーライスというものを、世に広めたとか、大酒のみだったとか、 私生活でも色んな事が言われている人です。 お友達は、早稲田大学の創設者の大隈重信だったようで、非常に仲良しだったと言われています。 話は、保険に戻りますが、次に設立されたのは、明治21年に帝国生命(現在の朝日生命)です。 多くの女性事務員を採用したことから、OLの始まりと言われています。 こんな生命保険ですが、「第一分野」と言われている死亡保障、その中でも定期保険について! 定期保険:この保険は、保険契約期間を何種類かの中から選択します。 その期間中に万が一死亡したり、約款で決められている高度障害状態を認定されたときに、 保障される保険になっています。 掛け捨てが基本となっています。 保険期間も10,20,30年という年満了タイプ。55、60、65、70歳という歳満了タイプがあります。 保険会社によって、その期間のタイプは異なっています。 もちろん契約される契約者本人の年齢によっても加入できる保険期間は制限があったりします。 この、定期保険の大きな特徴は、大きな武器、メリットでもある保険料が安く、大きな死亡保障の保険が契約できることです。 定期保険と終身保険では、同じ保険料1万円(40歳男性20年を目安に)では、死亡保障額にすれば、7倍ほどの保障内容になるとも言われています。 また、保険期間が終わると、更新するかを検討し、保障内容見直しが必要になってきます。 これこそ、保険の無駄を省くことが出来るというものです。 日ごろは、なかなか、そこまで考えている方は少ないかもしれません。 しかし、保険満期が来るということが絶好のチャンスです。 家族構成、家族の年齢などの変化に伴い、保障内容のプランの変更や、ニーズに合わせ常に進化した保険内容を取り入れる事が出来るのです。 一昔前には無かった保障内容が日々登場しています。 保険業界も目まぐるしく変化しています。 そのチャンスを利用できるのが最大のメリットではないでしょうか。 残念ながら、デメリットもあります。 更新を迎えるということは、保険料が更新時に上がるということです。 また、掛け捨ては、全く戻ってくることがないんです。 満期日を一日でも過ぎると死亡しても1円も支払われません。 全く貯蓄性ゼロです。 また、単に更新するだけの場合なら、最初から長期契約しておく方がータルでの保険料が安く済みます。 ですので、初めの契約時に何年が、ベストなのかよく考えてからの契約するほうがいいでしょう。 これらの、メリット、デメリットを踏まえて取り入れていくことが、無駄のないニーズに合った保険とお付き合いできる方法だと思います。

  • 終身保険
  • 死亡保障保険と言っても、社会人になりたての頃は、よくわからずにいました。死亡保障をかける必要があるのか、葬儀代金で十分ではないか、それなら貯金でまかなえば・・・ そんな私も、結婚し、子どもを持つとその重要性に気が付くことになりました。まず、結婚当初は、お互いに仕事をしていたため、死亡保障保険に関心がわきませんでした。 しかし、出産後は、子どもの将来を考えると、一気に死亡保障保険の必要性が身近に感じられました。何年後まで保障対象に考えるべきなのか。また、二人目が産まれると、 その金額が二人分として問題なくやっていけるのか。色々考えるきっかけが次から次へやってくるのです。少子化ではありますが、一人当たりにかける金額が増えているため 子どもたちの教育費を考えると、生活するだけの保障では、不足してしまいます。それを補うには、やはりそれなりの金額が必要となります。 それでは、子どもの教育費はいくらくらいかかるのでしょうか?小学校から大学まで公立学校で通う場合は、800万円弱くらいのようです。。 また、小学校から大学まで私学に通った場合は、2200万円強といわれているようです。 この金額は学校だけの金額であり、塾などの習い事は含まれていませんので、もっと費用がかかるということです。 この費用が子どもの人数分かかるのです。そのことを考えると、死亡保障保険をかけざるを得ません。それが、やはり親としての義務ともいえるかもしれません。 そんな、死亡保障保険の終身保険について、ここでは触れてみましょう。    終身保険:この保険は、一生涯続く保険です。名前の通りです。満期が無く、死ぬまで必ず保障されている保険なのです。         考えようによれば、残された家族の為だけの保険とも言えます。本人が基本的にもらうことはないのです。         もちろん、定期保険もそうです。本人には、支払われることはありません。なかには、余命何か月と診断された場合、高度障害が認められた場合は、         その時点で保険金の支払いがされる保険もあります。定期保険と比べると、死亡保障の期間が無く一生涯というわけです。         その代わり、定期保険より保険料は高くなります。なんたって、期間も長いですから。また、解約するとかなりの損失も出る可能性があります。         保険料はもう少し高くなりますが、支払い期間を終身ではなく、例えば65歳払い込み済みにしておき、死亡保障の対象期間は終身のままにしておくと         老後もゆったりと生活できそうです。もちろん、保険の加入時期によっては、その支払い方法が、できないこともあります。         また、期間が短い分保険料が非常に高額になることも考えられます。         この保険には、更新時期がないため、保険料が上がっていくことがないというメリットはあります。         でも、残された家族のことを本当に考えている方にとって、この世を去った時の思いやり、親としての義務ということでしょうか。 定期保険、養老保険、終身保険それぞれ素晴らしい点があります。加入する時期、それぞれの家庭の経済状況、将来、老後の生活について考えたうえで、ご自分に、ご家族にとって 素晴らしい選択をすること。また、選択を間違った時は、あっさりと切り替える事も重要です。はじめは支払える予定でも、途中で何が起きるかわかりません。 その時は、保障金額の減額や期間の変更などあらゆる方法を、専門家に相談することも大事です。無駄なく、ためになる保険を考えてみてください。 きっとあなたに合った、死亡保障保険が見つかるはずです。

  • 養老保険
  • 収入保障保険
  • 病気けがによる通院・入院時などに支払われる
  • 医療保険
  • 終身医療保険
  • 女性保険
  • がん保険
  • 就職不能保険
  • 子供の将来や老後に必要な保険
  • 学資保険
  • 個人年金保険
  • 介護保険
  • がん保険
  • がん保険
  • 養老保険
  • 養老保険~ 今や、色々な保険の種類があり、大変充実したプランも多く見られます。人によってそれぞれ何を重視するかによって選ぶポイントが違います。 でも、どのくらいの保険金額を人々は保障金額として選んでいるのでしょうか。生命保険文化センター「生活保障に関する調査、平成25年度」の報告によりますと、 保障金額は男性平均は1882万円、女性平均876万円という報告がされています。世代別には、次のようになっているようです。 男性は20代 1410万円、30代 2323万円、40代 2460万円、50代 2245万円、60代 1130万円 女性は20代  855万円、30代  946万円、40代 1032万円、50代  960万円、60代  652万円 このように、なっています。30~50代は、特に、出産、教育資金や住宅ローンなどにより死亡保障金額が大きくなっていることが想像できます。 あくまでも、平均ですので、個人差は大きいものと考えられます。少子化に伴い、教育資金減少と言いたいところですが、逆に、習い事や教育資金の一人当たりに かける金額が大きくなっているようです。その時代によってお金の使い方も違っているようです。 さて、ここでは、死亡保障保険の養老保険について少し見てみましょう。   養老保険:死亡保障がメインでは、ありますが、それだけではありません。非常に貯蓄性が高い商品になっています。死亡保障保険なので、万が一の死亡した場合、        保障金額が、残された家族に支払われるのは、当然のことです。しかし、終身保険とは異なり、満期日が到来します。この満期日には、死亡保障と同じ金額が        満期金として、契約者本人に支払われるのです。この満期金は基本的に、今まで期間中に支払ってきた保険料+利息を受け取ることができるのです。        必ず、大きな保障金額が本人もしくは家族に支払われるものなのです。生きていても、満期日には死亡保障金額と同額が手に入る貯蓄性抜群の保険なのです。        その為、貯蓄性を考え大きな保険金額をかけて、死亡保障保険というより、生きて受け取る貯金と考えて契約される方も多くおられます。        おそらく、仕事をリタイヤされる頃に、満期金を受け取り、好きなことに使え優雅な生活という感覚が多いのかもしれません。あくまでも、憶測にすぎませんが。        というのも、デメリットである保険料が非常に高額なのです。その高額の保険料を支払い続けることが出来るということは、それなりに経済力があるということです。        子育て、教育費や住宅ローンなど多く支払っている同じ時期に高額の保険料が支払えるだけの余裕がないと、この保険はおすすめできません。        途中解約は可能ですが、中途解約の場合の解約返戻金が支払ってきた金額より下回る可能性が大きいのです。その為にも、保険料を支払い続けられる経済力が求められる        保険というわけです。        保険料という点においては、死亡保障保険の定期保険、養老保険、終身保険で言いますと次のようになります。        定期保険<終身保険<養老保険  このような保険料の順番になります。        長い目で、しっかり見極めての契約であれば、貯蓄性の高い老後にはピッタリの商品です。確かに、老後はのんびりゆったりとした生活を送りたいものです。        そんな時には、やはり金銭的な余裕も持ちたいものです。この養老保険も、のんびりした優雅な老後を過ごすための保険なのかもしれません。

    車の交通事故は保険で払う
  • 自動車保険
  • ドライバー保険
  • バイク保険
  • 震災により支払われる保険
  • 火災保険
  • 家財保険
  • 地震保険
  • 健康維持にヨガスタジオなら⇒lava